産婦人科医 ドクターまんまの想い出の旅

みなさんこんにちは。まんまでございます。

 

本日(令和5年1月14日)は大学入学共通テストですね。

 

受験生の闘志あふれる熱気に寒さも忘れそうです。

そんな若者のエネルギーをひしひしと感じていると、自分が受験した時のことを思い出しました。

 

令和5年度共通テスト会場の一つ、「北海道教育大学」前にて

20数年前はセンター試験でしたが、会場は「京都工芸繊維大学京都市左京区)」だっと記憶しております。

まずは受験票。

大きめで年によってカラーが異なる独特な受験票は、確か赤色か桃色だったと思います。

そして会場ですが、京都工芸繊維大学の場所をGoogle mapで検索してみると、高校時代の住居である山科区からかなり遠いところですね。

もちろん、高校の所在地からもさらに遠いです。

現地まで友達と待ち合わせをして試験に臨んだのか、何時ごろ着いたのか、当時の天気はどうか、昼休みは何を食べたのか…なぜか全く覚えていません。

テストそのものでは、一問10点も配点され、出来れば間違えたくない国語の選択肢を間違ったとか、模試では好成績だった英語が本番では全く振るわなかったとか…これまたロクな記憶がないです。

試験2日目の朝刊に1日目の解答例が掲載されますが、敢えて自己採点はせず、2日目の日程が終わってからすべての科目を一気に採点したというのは、高校生なりの戦略だったのかなあとか。

 

結果的には、目標としていた得点率を超えられず、ついでながら定期試験で順位を争っていた親友との勝負に僅差で負け…と、やはりよい記憶がないですね。

 

ちなみにその親友とは、六星占術で有名な細木かおり氏の旦那様です。

 

彼は東北大学に進学したのですが、大学時代はお互いの実家で寝泊まりしたり仙台の下宿に遊びに行ったり、はたまた「青春18きっぷ」を利用し普通列車東海道本線を旅行したりしていました。

彼が北海道に遊びに来てくれた時は、修学旅行以来の層雲峡を再訪したり、わたくしの下宿で飲み明かしたり…と楽しいひとときを過ごさせてもらったものです。

結婚式に呼ばれたのですが、当時19歳だったかおりさんその方がよもや細木数子氏の跡継ぎになろうとは。

つくづく人間の縁って不思議だなあと思います。

 

さて、そんなこんなでセンター試験の点数は振るわなかったのですが、予定通り前期日程は実家から通える関西の国立大学に強引に出願、後期日程で母校となる北大を選択いたしました。

残念ながら前期日程の第一志望は不合格でしたが、人生あれなければこれなし…と、万が一第一志望校に合格し通学していたら今の自分はどこで何をしてたのかなあと、考えても仕方ないことに思いを馳せてしまいます。

大学4年生の冬が阪神淡路大震災の年となります。

不謹慎かも知れませんが、被災して命を落としていたかも知れません。

また、医学部を再受験しようと思ったかどうか。

やはり人間の運命ってわからないなあと思います。

 

いずれに致しましても、受験生の皆様はベストを尽くしてください!

受験の先輩としてわたくしも全力でエールを送りたいと思います。

産婦人科医 ドクターまんまの北海道の歩き方

こんにちは。まんまでございます。

 
道内には数多くの峠道がございますが、おすすめと言えば
三国峠を外すことはできません。
 
三国峠大雪山国立公園内にあり、北海道内の国道としては最高点(標高1139メートル)に
位置するという点で有名です。
そんな展望台からの眺めはまさに「眺望絶佳」というに相応しい一大パノラマで、いつ見てもそのスケールに圧倒されます。
そして三国峠と言えば「松見大橋」ですね。
展望台から少し歩いた先から眺めることが出来ます。
 
大雪山の大樹海に浮かぶよう…と形容される同橋ですが、
こちらは眺めるよりも愛機で走りながら三国峠展望台を見上げる景色が非日常的で好きですね。
 
下の写真は展望台から松見大橋方面を撮影したものです。
画面中央やや左側にくの字にカーブしている橋の一部が見えています。
 

三国峠展望台から松見大橋を望む
なお、展望台にはハンドドリップに拘った自家焙煎珈琲やソフトクリームを販売しているカフェがあります。
十勝山麓に吹く風の爽やかさを一層引き立ててくれそうですね。
 
最後にWebから拝借いたしました、「松見大橋」の全体像を掲載いたします。

松見大橋
 

産婦人科医 ドクターまんまの北海道の歩き方

こんにちは。まんまでございます。

 

以前紹介させて頂いた層雲峡へ久しぶりに行って参りました。

(こちらの記事をご高覧いただけますと幸いです)

産婦人科医 ドクターまんまの北海道の歩き方 - doctor-mamma’s diary (hatenablog.com)

 

 

大好きな層雲峡からすっかり足が遠のいていましたので、

快晴の休日、「そうだ、小函がどうなっているか、紅葉狩りもかねて層雲峡に

行ってみよう!」と、早速愛機で出掛けてみました。

 

まずは駐車場も広く、ゆっくりと景色を楽しむことが出来る大函を目指しました。

 

2022年10月吉日の大函

この大函、柱状節理のダイナミックさは小函に劣りますが、駐車場や散策するスペースに恵まれていることもあり、1983年の初訪問時は、お土産屋さんやレンタサイクルの駅もあり、かなりにぎわっていたと記憶しております。

しかし時は2022年。

令和の大函はそんな以前(よく考えればおよそ40年前!!)の姿を微塵も想像させないほど閑散としていました。

店舗は名残すらないのは当然ですが、トイレも固く閉ざされ、もはやただの無料駐車場と化していました…。

 

世の変化は無情です。

 

ただし、小函から大函に抜ける旧国道の大函トンネルが通行出来そうな姿に戻っていました!

 

旧大函トンネル

こちらのトンネルは、現在の新大函トンネル(国道39号線)が出来た際サイクリングロードに転用されたのですが、小函の通行禁止措置と共にその役目を終えたところ、以前の記事で紹介していますように、わたくしが最後に見た姿は入口がコンクリートか何かで完全に閉じられていました。

ところが、何故か開通しています…。

 

これなら中を通ることが出来そうです!!

真ん中あたりに鎮座していた、巨大なお地蔵様はまだあるのかなあ…。

出口の明かりも見えるので怖くない…気がする。

今回は他のお客さんもいらっしゃったので写真撮影だけでしたが、周りにだれも居なかったら行ってみようかなあとかなんとか。

そんな大函は早々に撤収し、小函へ。

 

本命の小函でございますが、結論的には、もはや小函の景観を愉しむには絶望的に不可能な状態でした。

 

小函の入口(画面左手;2022年)

上の写真に見えるゲートでございますが、以前は解放されていました。

 

小函側から見た入口(2005年)

上記の写真は、2005年に訪れた際、ゲートを少し入ったところから入口を振り返った時に撮影したものです。

もはや同じ場所とは思えないですね…。

ちなみに、当時はクルマでゲート前まで簡単に乗り付けられましたが、現在はクルマが入れないような措置がされています。

 

ゲート越しに中を覗くとこんな感じです。

小函入口ゲートから中を覗くと…

当たったら死ぬな…と思わせるこのような巨大な崩落石が無数に散らばっているほか、訪れる人もまばらなのか、かすかな獣道を残すだけで草木も荒れ放題、どこに羆が潜んでいてもおかしくない雰囲気と崩落の恐怖で、ゲート付近に立っていることすら不可能です…。

 

あと450mで神削壁…数百メートルが果てしなく遠く感じます。

ほんの少しでも神削壁を眺めてみたかったですが、さすがに無理でした。

 

もしかすると、もう既に大部分が崩落してるかも知れないですね…。

 

タウシュベツ橋梁も崩落寸前ですし、北海道の遺産が次々と失われていく姿が残念でなりません。

圧倒的迫力で迫るかつての小函の柱状節理

ドローンなら確認が容易でしょうが、やはり直接眺めてみたい、そんな在りし日の小函に想いを馳せながら層雲峡を後にしました…。

 

 

 

 

産婦人科医 ドクターまんまのお城めぐり

こんにちは。まんまでございます。

今回は岐阜城についてお話させていただければと存じます。


岐阜城岐阜県岐阜市金華山【標高329メートル】の山頂にございます)は、かつて稲葉山城と称され、その起源は鎌倉時代以前に遡るようですが、本格的に整備されたのは、戦国時代、斎藤道三公が居城とした頃のようです。
その稲葉山城織田信長公が1567年に攻略、この地方一帯を平定したのち、本拠地を小牧山から当城に移した際、麓の町などを含めて『井口』から『岐阜』と改名したことにより、爾来岐阜城と呼ばれるに至ったとのことです。

 

麓から望む金華山岐阜城

現在の岐阜城として知られている天守閣は1956年に往年の姿を想像して作られた「復興天守」で(よく「模擬天守」と言われますが、戦国時代に天守様構造物があったので、何もなかった所に天守閣を作る「模擬天守」とは異なるというのがわたくしの意見です)、城内は資料展示室、楼上は展望台として多くの方に親しまれています。

 

岐阜城

そんな岐阜城からの眺めでございますが、圧巻の一言に尽きます。
眼下に広がる濃尾平野はどこまでも広く、伊勢湾から太平洋に溶け込むその姿に、人間の可能性が無限に広がるような錯覚を抱いてしまいます。
また、水量豊かにゆるゆると流れる長良川が夕陽に照らされ金色に輝く様は、自然が作り出した錦繍のようでもあり、また京都へ続く黄金の道のようでもあります。

 

岐阜城からの遠景と長良川

斎藤道三公や織田信長公もそれぞれの思いを抱いて眺めていたであろう、この景色には不思議なエネルギーを感じます。

わたくしは、何かに行き詰まった時、ある選択において大切な結論を出したい時、また、とにかく前向き思考になりたい時、岐阜城に向かいます。

その岐阜城へは、ロープウェイと登山道、二通りのアプローチがございますが、やはり金華山の力強さを実感できる登山道をおすすめいたします。
登山道といたしましては、いくつかのルートが整備されており、距離、所要時間、レベルが分かれています。

登山道の案内板

観光として訪れる場合は、麓の岐阜公園からアプローチ出来る「七曲登山道」、「百曲登山道」、「馬の背登山道」、「めい想の小径」のいずれかが便利かと思います。

「七曲登山道」と「めい想の小径」が初心者向けで、「百曲登山道」は山道に慣れた方向け、「馬の背登山道」はさらに体力に自信がある方向けです。

百曲登山道


一応こちらの4コースは全て制覇いたしましたが、「馬の背登山道」は、上級者向けというだけあって急勾配の岩場が連続し、途中何度もこころが折れそうになります。
中にはほぼ垂直な断崖(しかもそれなりに距離が長いというか高低差がかなりある)もあり、本当に体力がないと厳しく危険です。

馬の背の急勾配

馬の背登山道のほぼ垂直な急勾配

個人的には、長良川を眺めながらハイキング感覚で登れるめい想の小径がおすすめですが、つい最近(2022年8月)滑落事故もあったようで、登山道ですからやはり油断は禁物です。

長良川金華山

こころと身体のリフレッシュも兼ねて岐阜城登山、みなさまもいかがでしょうか?

産婦人科医 ドクターまんまの名古屋ライフ

こんにちは。まんまでございます。

今回は名古屋時代のお話を少しさせてください。
 
当時、名駅近くにアパートを借りていたのですが、浅田レディース勝川クリニック(愛知県春日井市)に勤務する日は、自宅から大曽根駅まで歩き、大曽根駅から2駅先の勝川駅までJRに乗るという通勤スタイルででした。

こちらは浅田レディース名古屋駅前クリニックの入るビル@名駅
 
名古屋駅からJRに乗ればよいものを、わざわざ大曽根駅まで歩くに至ったきっかけは朝の中央線が非常に混み合っていて煩わしかったからですが(さすがに勝川駅までは歩くと2時間近くかかるので、すべてを徒歩で通勤するというのは採用していませんでした(;´Д`))、約70分、ほぼ1万歩の当該コースは『馬上、枕上、厠上』よろしく、テクテク歩く事で頭がスッキリするのか妙案が閃く事も多く、いつからか、雨だろうが、風が強かろうが、必ず大曽根まで歩くようにしていました。
 

JR東海 中央線 大曽根駅
 
途中、名城公園を通るのですが、朝陽に煌めく金のシャチホコを眺めては向上心を高めていたような気がいたします。
そんな名古屋城は、わたくしにとってモチベーションを上げてくれる、いわば太陽のような存在です。
 
2017年12月に名古屋を離れてまもなく5年。
久しぶりに名城公園を散歩してみました。
 
新緑滴る雄大な石垣、光の波紋が煌めくお堀、澄んだ空に威風堂々と聳える天守閣…名古屋城のすべてがわたくしにエネルギーを与えてくれるようです。
 
 
次のステージに向けて一歩踏み出そう、そんな思いを新たにいたしました。
そしていつの日かまた名古屋に戻ってきたいと思いました。

産婦人科医 ドクターまんまの北海道の歩き方

こんにちは。まんまでございます。

 

2020年9月に三角点に関する記事を書かせていただきましたが、
当時、三角点のことを調べていたら下記の書籍がヒットしました。
 

f:id:doctor-mamma:20220223000011j:plain

点の記
時は明治時代、信仰の山でもあり、また立山曼荼羅には「地獄の針の山」として描かれていた前人未踏の劔岳に三角点の埋設を企図した測量隊が、日本ではじめて登頂をこころみた際の記録に関する書籍です。
結果的には「はじめて」ではなく、測量隊が難行苦行の末ついに登頂を成し遂げたとき、劔岳の山頂には平安時代のものと思われる錫杖が置かれていたという衝撃…。
また、その登山道は「上級者向け」であり、危険な箇所やいくつかの鎖場を通過しないと辿り着くことができな劔岳に、それこそ現代のような頑丈な鎖や梯子がない時代に
多くの測量機器や重たい三角点を背負いつつ、自然の雪渓を利用しながら登頂を果たしたという事実に胸を熱くしました。
 
北アルプスの山々は、名古屋での単身赴任時代に千歳ーセントレア便の機内からその威容を眺めるだけでしたが、それでも言葉に表せない魅力がありました。
 
「点の記」を読了し、劔岳をぜひこの眼で直接見てみたい、あわよくば登頂を果たしたい、そんな思いを新たにした次第です。
 
とはいえ、いきなり劔岳を目指すのは少し危険な気がいたしますので、まずは道内の「百名山」にトライしたいと思い、さっそく調べてみました。
 
道内の百名山は9座(利尻岳羅臼岳斜里岳阿寒岳大雪山トムラウシ山十勝岳幌尻岳羊蹄山)あるようですが、そのうちの大雪山(旭岳)と羊蹄山には登ったことがあります。

f:id:doctor-mamma:20220223000054j:plain

姿見の池から臨む旭岳(スキー部の仲間と共に;1991年夏撮影)
残り7座…ぜひ挑戦してみたいですね。
 

 

産婦人科医 ドクターまんまの北海道の歩き方

こんにちは。まんまでございます。

 

先月のブログで触れましたリベンジの地についてご報告いたします。

その場所とは「三毛別羆事件復元地」でございます。

 

三毛別羆事件」とは、1915年12月に現在の苫前町で発生した熊害のことで、開拓民7名の方がお亡くなりになり、3名の方が重傷を負いました。

 

その凄惨なまでの事件内容は

木村盛武『慟哭の谷』(文春文庫、1994年)

吉村昭羆嵐』(新潮文庫、1982年)

に詳しく記載されていますのでここでは触れませんが、わたくしがこの事件を知ったのは、高校2年生の冬に観た『リメインズ』という映画でした。

 

f:id:doctor-mamma:20210922102637j:plain

リメインズ

当時、北海道を周遊した修学旅行から京都に戻り、北海道へのほのかな憧れが芽生え始めていたであろうちょうどそのとき、「北海道で実際にあった羆事件を題材とした映画がある」と聞き及び、これは是非と足を運びました。

映画の宣伝では「女性ばかりを襲った」と紹介されていたのと、オープニングにて、やはり女性が背後から近づいた羆に肩を噛まれて持ち上げられていた映像が脳裏に焼き付いています。

100%史実通りとまではいかなかったのと少し過剰気味の演出は仕方なかったとは思いますが、いずれにいたしましても、雄大な自然美に憧れていた高校生にとって、北海道の魅力というより羆の恐ろしさが刷り込まれたと思われます。

 

さて、その復元地でございますが、北海道の郊外としてはよくある見晴しのよい田園ロード的道道を、苫前町の中心部から20~30分程走らせた内陸部にあります(その道道は最終的には行き止まりになります)。

よく整備された、それでいて民家や対向車もほとんどない道道を走らせていると、そもそもなんでまたこんな山深いところを開拓していたのかなあと思います。

クルマでそれなりの速度を出して数十分ですから、開拓当時の人力ですと現在の苫前の中心部との往復には相当な時間を要したでしょうし…。

 

その道道ですが、2006年春に初めてこちらに訪問した際は途中でゲートが閉じ、行く手には残雪が道路を覆っていました。

除雪にて開通を早めるほどの需要がないということなのでしょうか、自然の雪解けを待っての開放のようで結局初回のトライは途中棄権ということになってしまいました。

 

それから15年、前述のごとく日本海オロロンラインを走っていたとき、ふと「三毛別羆事件復元地」を思い出し、盛夏の今なら季節的に通行は問題ないだろうと、再チャレンジしてみることにいたしました。

 

熊の親子をあしらった苫前町カントリーサインを見届け、国道232号から「とままえベアーロード」と呼ばれる道道1049号に入り、一路目的地を目指したまではよかったのですが…苫前の中心部から離れれば離れるほど、あたりは爽やかな田園風景から徐々に鬱蒼とした未開の原生林モードへと変化していき、少しずつ心拍が上昇していきました。

 

訪問当時北海道で羆事件が多発しているのも頻脈効果を助長したかもしれません。

 

ちょっとだけすっ飛ばし、愛機のエンジンサウンドで恐怖心をかき消そうと思いましたが、目的地まであと200m…という地点にいきなり現れたダートの道幅の狭さと天然の原生林トンネルによる薄暗さとで…いつ羆が出て来てもおかしくない、いやもしかしてそこに身を潜めているかも知れないという幻覚に襲われ、2回目の訪問も到達寸前で途中棄権してしまいました…。

 

あまりに怖くて写真も撮らずに遁走してしまったのですが、あの原生林の陰影と冷気が醸し出す羆感は相当だったかと。

 

この少し前、北海道の国道かどこかを走るクルマに威嚇するように飛びかかって来た羆の動画をニュースで見ていたというのが良くなかったですね…。

 

参考までに、ネットから拝借した「三毛別羆事件復元地」の写真を張り付けます。

 

f:id:doctor-mamma:20210922103216j:plain

三毛別羆事件復元地

 

安全な場所で見るとなんてことはない、北海道にはよくある場所の一つに見えますが、

いざ現場に一人で居ると、なぜか悪いことばかり考えてしまいます。

 

次回があれば、今度こそ到達を果たしたいですね。

その時はクマ除けグッズを持参して臨みたいと思います。